ロゴ
HOME>イチオシ情報>インビザラインは他の矯正治療と何が違う?特徴を知っておこう

インビザラインは他の矯正治療と何が違う?特徴を知っておこう

歯

インビザラインは治療中でも気にならない

愛知県の中心地とも言える名古屋駅周辺は土地柄、最新の歯科治療を提供している歯医者さんが多いという特徴があります。医療分野は日夜進歩していますが、それは歯科治療も同じで歯並びを良くする歯列矯正も、最近はワイヤーを使わない治療法が人気です。名古屋駅近くの歯医者さんでも従来のワイヤー矯正とは全く異なる、「インビザライン」という治療法を取り入れている所も少なくありません。インビザラインは透明なマウスピースを用いる治療法で、ワイヤーなどの矯正器具を使う治療法よりも装着時の違和感が少ないという魅力があります。ツルツルとしたポリウレタンという素材で作るマスピースは、厚さが約0・5ミリと薄いので装着しても、違和感を覚えにくいのです。ワイヤーなどが舌やほっぺたの内側などに当たることも無く、治療中に感じる痛みが少ない点もインビザラインのメリットと言われています。

治療

取り外しができるのは大きな違い

古いタイプの歯列矯正治療は1度、ワイヤーなどの矯正器具を装着したら、自分の意思で取り外すことはできません。ですので食事がしにくく感じたり、矯正器具と歯の隙間に食べかすが残るなどして、不快な気持ちになるケースも多いようです。このような従来の歯列矯正治療の気になる点を解消したのが、マウスピースを使って歯並びを良くする「インビザライン」です。インビザラインは最初に型取りを行い作ったマウスピースを、歯につけて少しずつ歯を正しい位置へと動かす新しい歯列矯正治療という特徴があります。マウスピース型の矯正器具ですので食事や歯磨きのときには、自分の意思で自由にマウスピースを取り外すことができます。愛知県内でインビザラインを受けたいという場合は、最新治療を多く導入していることが多い、名古屋駅周辺にある歯医者さんに相談すると良いでしょう。